多数の細菌に効果的な薬「ジスロマック」はどんな病気に効くのか!

性感染症や性病に効く「ジスロマック」は他にも細菌感染などをおこしてる時や風邪などにも処方される薬です。簡単に言えば体内のばい菌を静めてくれるってことです。しかも毎日飲む必要もなく、飲み忘れちゃったって時でも効果は残っている優れものです!

*

自覚症状がないこともあるクラミジアの症状はどのようなものか?

      2016/06/28

現在、最も多くの人が感染している性病が、クラミジアです。

これは直径約0.3ミクロンの細菌に過ぎませんが、女性の膣や子宮、男性の尿道、そして喉に感染して広がっていく可能性がある性病です。

この性感染症がうつる原因となるのが、コンドームなしのセックスで、尿道の入口や子宮の入口に感染することによって広まり、時にはオーラルセックスにより、喉にも感染してしまいます。

性分泌液が目に入ってしまうと激しい結膜炎を引き起こすなど、性器や咽以外への影響もあるのが特徴です。
自覚症状では気づきにくいのであれば、どんな症状かをしっかり確認をしておきましょう。

男女別の症状

この性感染症の問題点は、感染した際の自覚症状が無いケースもあるということです。

受診をしないと、感染していることに気づかないケースもあるため、何年間も無自覚のままセックスを繰り返し、感染を蔓延させてしまうこともありますので、注意が必要です。

女性の症状

女性の場合の自覚症状は、セックス時に膣内に違和感があったり、セックス後に出血があったり、おりものが増えたと実感することです。ただし、これは子宮口への感染の場合で、これが腹腔にまで広がってしまうと激しい症状が出てしまうケースがあります。子宮付属器炎や骨盤腹膜炎になると、下腹部の痛みを感じたり、激しい性交痛も起こり、酷くなってしまうと肝臓にまで炎症が広がってしまうケースがります。

まれに、激しい腹痛で救急搬送されたら、クラミジアが原因で卵管周辺の癒着を起こしていた、というケースもありますので、少しでも気になったらチェックをすることが大切です。

また、感染している妊婦さんが出産する時に、赤ちゃんが産道を通る際に感染してしまい、結膜炎や鼻炎、肺炎などに掛かってしまう可能性があるので、こうした産道感染にも注意が必要です。

男性の症状

男性においては、淋病ほどのかゆみや不快感は少なく、自覚症状がない方も多くいます。軽い痛みや不快感を感じたり、粘液性の分泌液が出てくるケースもあります。排尿の時に違和感を感じることはありますが、これもごくわずかだったりと、気付かないことが多いようです。これより分かりやすい症状と言えば、尿道から膿がでることがあります。

症状が進行すると、精巣が腫れてきたり、熱を出す事もあります。

感染に気付かないとパートナーにうつるのは簡単

症状が出ていない、軽いという状況では感染に気付かず、そのままセックスをしてしまうと、パートナーにうつることとなります。また男性の場合など、風俗店などではオーラルセックスのサービスを展開しているところもありますが、この性感染症は喉から尿道へ感染することもあります。クラミジアは性器だけではなく、咽にも感染をし、咽頭クラミジアと呼ばれています。性器と咽頭でも感染し合ってしまうことを理解しておきましょう。

セックスをする際には、コンドームをつけること、特定のパートナーとのセックスをすることなどに気をつければ、クラミジアの被害から身を守ることができます。そして少しでも気になる場合には病院で診察をしてもらったり、セックスした相手にもきちんと告げて、できれば一緒に診察を受けることをおすすめします。